コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンティゴニシュ運動 アンティゴニシュうんどう

世界大百科事典 第2版の解説

アンティゴニシュうんどう【アンティゴニシュ運動】

1920年代から30年代にかけて,カナダのノバ・スコシア州で盛んとなった生活改善運動。農民,漁民,労働者の経済状況を改善するために地域ごとに生活協同組合を設立し,それを核としての成人教育を通じて自助を促進しようとした。1920年代,沿海諸州が州権の主張を行ったその一環として生まれたもので,物質的向上と共に精神的向上も目指したことが注目される。アンティゴニシュAntigonishは地名で,ハリファクスの北東約180kmにあり,この運動の指導者を輩出した聖フランシスザビエル大学の所在地である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アンティゴニシュ運動の関連キーワードフルハイビジョンフルHDアメリカ演劇現代音楽変成相チルデン映画理論小作争議小協商地主制

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone