コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生活協同組合 セイカツキョウドウクミアイ

デジタル大辞泉の解説

せいかつ‐きょうどうくみあい〔セイクワツケフドウくみあひ〕【生活協同組合】

消費生活協同組合」の略。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

生活協同組合【せいかつきょうどうくみあい】

正式には消費生活協同組合,略して生協,あるいはco-op(コープ)ともいう。勤労者を主体に消費者が各種消費財やサービスの廉価な調達のために自ら出資者となり組織する協同組合。
→関連項目新居格

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいかつきょうどうくみあい【生活協同組合 (consumers’) co‐operation】

1948年に制定された日本の消費生活協同組合法は,同法に基づいて設立された協同組合はその名称に消費生活協同組合もしくは生活協同組合という語を用いなければならないことと定め,またそれ以外の団体がその名称にこれらの語を用いることを禁止している。しかしこのような法律上の定義とは別に,消費者による協同組合をひろく総称して生活協同組合ということも多く,この場合には消費(者)組合などと同義である。いずれの場合にも,略して生協と呼ばれることが少なくない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

せいかつきょうどうくみあい【生活協同組合】

「消費生活協同組合」の略。生協。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生活協同組合
せいかつきょうどうくみあい

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の生活協同組合の言及

【協同組合】より

…(2)水産業協同組合法(1948年)――漁業協同組合,漁業生産組合,漁業協同組合連合会,水産加工業協同組合,水産加工業協同組合連合会,水産業協同組合共済会。(3)消費生活協同組合法(1948年)――消費生活協同組合,消費生活協同組合連合会。(4)中小企業等協同組合法(1949年)――事業協同組合,事業協同小組合,火災共済協同組合,信用協同組合,協同組合連合会,企業組合,中小企業団体中央会。…

【消費者運動】より


[歴史]
 しかしこのような消費者運動は,比較的近年の産物である。世界的に見ても19世紀の末までは,1844年のロッジデール公正先駆者組合の設立以来イギリスを中心に発展した生活協同組合の活動が,消費者運動のほとんど唯一の形態をなしていた。生活協同組合はその後も発展を続けているが,20世紀に移るころからそれ以外の形態の運動が成長してくることになり,この面ではもっぱらアメリカが最先進国の地位を占めている。…

【新居格】より

…24年,安部磯雄らと日本フェビアン協会の結成に参加,翌25年には日本プロレタリア文芸連盟にも加わったが,思想的にはアナーキズムの立場をとり,プロレタリア文学と政党の関係についてマルクス主義を奉ずる蔵原惟人と激しく論争,また25年に宮島資夫らと《文芸批評》を創刊,32年には《自由を我等に》の創刊にかかわった。初期の生活協同組合運動の実践的な指導者としても知られ,また第2次大戦後は東京都杉並区長,および日本ユネスコ協会理事に選ばれた。著書に《左傾思潮》(1921),《アナキズム芸術論》(1930)など。…

【労働者福祉運動】より

…労働者がその生活上の事故や変化にともなって発生する経済的諸問題の解決に取り組む自主的事業運動のこと。労働組合運動が生産・労働過程における生活諸条件の改善のために活動するのに対し,これは消費・流通過程での生活攪乱要因の解消や除去を目指し,一般に生活協同組合(生協)運動という形態をとって,中間利潤や中間諸経費の排除・節減とその奪還を試みる。消費生協もしくは購買生協のほか,労働金庫,共済事業,住宅生協,医療生協,旅行会などの運動がある。…

※「生活協同組合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

生活協同組合の関連キーワード生活クラブ事業連合生活協同組合連合会生活協同組合連合会グリーンコープ連合パルシステム生活協同組合連合会生活協同組合コープこうべ消費生活協同組合連合会日本生活協同組合連合会生活クラブ生協連合会生活協同組合連合会グリーンコープ連合パルシステム連合会都道府県民共済こんせんくん戸沢 仁三郎CO‐OPぱくぱく君簡易郵便局戸沢仁三郎員外利用労働金庫クレリ葬

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生活協同組合の関連情報