コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンティゴノス[3世] Antigonos III

世界大百科事典 第2版の解説

アンティゴノス[3世]【Antigonos III】

?‐前222
マケドニア王。在位,前229‐前222年。アンティゴノス2世の甥。〈ドソン〉と称される。2世の直系の孫フィリッポスが幼くして父を失ったため,前230年摂政,翌年王となる。〈ドソン〉とは将来王位を譲るという意味。スパルタの改革王クレオメネス3世の勢力伸張に対しギリシア同盟を作り,前222年クレオメネスを敗北させ,スパルタを占領するなど対外的勢力拡大に努めた。【井上 一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アンティゴノス[3世]の関連キーワードウルバヌス1世エラガバルス始皇帝アレクサンデル・セウェルスエラガバルス呉[三国時代]相隣関係孫権

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android