コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンテ Anthe

デジタル大辞泉の解説

アンテ(Anthe)

土星の第49衛星。2007年に発見。名の由来はギリシャ神話の女神。メトネなどと同様に、より小さな岩石とともに弧状の不完全な環を形成して土星を公転する。また、直径約1キロと極めて小さいため、近傍のミマスの影響を受けた運動をする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

アンテの関連キーワードスーパーターンスタイルアンテナマイクロストリップアンテナダイバーシティーアンテナフェーズドアレイアンテナガブリエル オーディジョスーパーゲインアンテナアダプティブアンテナマルチビームアンテナカセグレンアンテナアンティル[諸島]ダイポールアンテナ八木=宇田アンテナ八木‐宇田アンテナ八木宇田アンテナ双ループアンテナ無指向性アンテナパラボラアンテナ双極子アンテナオムニアンテナロッドアンテナ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android