コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンデレ行伝 アンデレぎょうでんActs of Andrew

世界大百科事典 第2版の解説

アンデレぎょうでん【アンデレ行伝 Acts of Andrew】

200年ころアカイアで書かれた,新約外典行伝中最も長編の作品。使徒の一人アンデレがアカイアで行った宣教活動と殉教が記される。本書の特色として,まず悪しきものと聖なるものというような二元論的性格を挙げることができる。しかしこれはグノーシス主義的な二元論とは異なり,中期プラトン主義の影響と考えられる。また本書の禁欲的性格は,タティアノスの影響によるところが多い。十字架の神秘についての考察も見られる。【川村 輝典】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アンデレ行伝の関連キーワードマイケル フェルプスマイケル フェルプスライアン ロクテアーロン ピアソルマーリーン オッティマーリーン オッティカースティ コベントリーフランク フレデリクスライアン ロクテアリソン フェリックス