コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンデレ行伝 アンデレぎょうでん Acts of Andrew

1件 の用語解説(アンデレ行伝の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アンデレぎょうでん【アンデレ行伝 Acts of Andrew】

200年ころアカイアで書かれた,新約外典行伝中最も長編の作品。使徒の一人アンデレがアカイアで行った宣教活動と殉教が記される。本書の特色として,まず悪しきものと聖なるものというような二元論的性格を挙げることができる。しかしこれはグノーシス主義的な二元論とは異なり,中期プラトン主義の影響と考えられる。また本書の禁欲的性格は,タティアノスの影響によるところが多い。十字架の神秘についての考察も見られる。【川村 輝典】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アンデレ行伝の関連キーワードアカイア人アカデミー通鑑紀事本末槐安国外典現代文古論内外典和文兎園冊

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone