アントン・ウルリヒ公爵(読み)あんとんうるりひこうしゃく(英語表記)Herzog Anton Ulrich

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アントン・ウルリヒ公爵
あんとんうるりひこうしゃく
Herzog Anton Ulrich
(1633―1714)

ドイツ・バロックの代表的小説家。ブラウンシュワイク・ウォルフェンビュッテル公国の君主でもあった。その代表作『シリアの王女アラメナ』と『ローマのオクタビア』(1677以降)は、それぞれ4000ないし6000ページに及び、政治、宗教、恋愛にまたがる主題を世界史の進行と交錯させ、宮廷歴史小説とよばれるジャンルの頂点とされている。[白崎嘉昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android