コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンドキデスの画家 アンドキデスのがか

世界大百科事典 第2版の解説

アンドキデスのがか【アンドキデスの画家】

ギリシアの陶画家。生没年不詳。陶工アンドキデスAndokidēsの陶器に絵付けをしたので,このように呼ばれる。前6世紀後半にアテナイで活躍。黒絵式の巨匠エクセキアスの弟子で,赤絵式陶画の創始者とされ,一つの陶器の前面と後面に黒絵式と赤絵式とを併用することにより,ギリシアの陶画に新しい時代を画した。その表現は繊細であるが,黒絵式の堅さを十分に脱却していない。【前田 正明】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アンドキデスの画家の関連キーワード赤像式陶器赤絵式陶器

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android