コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンドルーソボ条約 アンドルーソボじょうやくTruce of Andrusovo(Andruszow)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンドルーソボ条約
アンドルーソボじょうやく
Truce of Andrusovo(Andruszow)

1654~67年ウクライナと白ロシアの支配権をめぐって争われたロシアとポーランドとの戦争ののち,67年2月9日,スモレンスク近郊のアンドルーソボ村で両国間に結ばれた休戦条約。 13年半にわたる戦争のあと平和がもたらされた。この条約によって,モスクワは動乱時代に失ったスモレンスク,セーベル地方のほか,ドニエプル川左岸のウクライナと右岸のキエフなどを確保し,ウクライナの再統合とザポロージエ・コサックに対する宗主権をポーランドに確認させた。しかし,この戦争は都市および農村住民の生活を破壊し,70~71年のステンカ・ラージンの反乱の原因となった。やがてトルコからの脅威が高まると,86年ピョートル1世 (大帝) ,イワン5世両帝の摂政ソフィヤ・アレクセーブナはポーランドとの恒久的な講和を実現し,クリム・ハン国への遠征 (1687~89) を行なった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アンドルーソボ条約の関連キーワードオルジン=ナシチョーキンステンカ・ラージンアレクセイ1世カジミエシ5世ザポロージエ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android