アンドルーソボ条約(読み)アンドルーソボじょうやく(英語表記)Truce of Andrusovo(Andruszow)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンドルーソボ条約
アンドルーソボじょうやく
Truce of Andrusovo(Andruszow)

1654~67年ウクライナと白ロシアの支配権をめぐって争われたロシアとポーランドとの戦争ののち,67年2月9日,スモレンスク近郊のアンドルーソボ村で両国間に結ばれた休戦条約。 13年半にわたる戦争のあと平和がもたらされた。この条約によって,モスクワは動乱時代に失ったスモレンスク,セーベル地方のほか,ドニエプル川左岸のウクライナと右岸のキエフなどを確保し,ウクライナの再統合とザポロージエ・コサックに対する宗主権をポーランドに確認させた。しかし,この戦争は都市および農村住民の生活を破壊し,70~71年のステンカ・ラージンの反乱の原因となった。やがてトルコからの脅威が高まると,86年ピョートル1世 (大帝) ,イワン5世両帝の摂政ソフィヤ・アレクセーブナはポーランドとの恒久的な講和を実現し,クリム・ハン国への遠征 (1687~89) を行なった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android