コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンモン アンモン Ammon

翻訳|Ammon

2件 の用語解説(アンモンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アンモン(Ammon)

《古代エジプトの神アモンギリシャ語名》⇒アモン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アンモン【Ammon】

ヨルダン川東岸,死海北東ヤボク川流域に前15世紀末ころから住み続けたアンモン人の国。ダビデ王のイスラエルと戦って敗れた。ソロモンアンモンの女ナアマを妃にして長男レハベアムを生んだ。《創世記》19章の伝承によればアンモン人はアブラハムの甥のロトとその娘の一人との間にできた子ベニアンミの子孫。前582年バビロニアによって征服される。首都のラバト・アンモン(今日のアンマーン)はヘレニズム時代にフィラデルフィアと呼ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アンモンの関連キーワードザルカ死海トランスヨルダンヨルダンヨルダン川野暮臭いアンマンビーチパレスティナヨルダン[川]ヨルダン川西岸地域

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アンモンの関連情報