コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンモン アンモンAmmon

翻訳|Ammon

2件 の用語解説(アンモンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アンモン(Ammon)

《古代エジプトの神アモンギリシャ語名》⇒アモン

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

アンモン【Ammon】

ヨルダン川東岸,死海北東ヤボク川流域に前15世紀末ころから住み続けたアンモン人の国。ダビデ王のイスラエルと戦って敗れた。ソロモンアンモンの女ナアマを妃にして長男レハベアムを生んだ。《創世記》19章の伝承によればアンモン人はアブラハムの甥のロトとその娘の一人との間にできた子ベニアンミの子孫。前582年バビロニアによって征服される。首都のラバト・アンモン(今日のアンマーン)はヘレニズム時代にフィラデルフィアと呼ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アンモンの関連情報