コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アヴォガドロ定数 Avogadro's constant

法則の辞典の解説

アヴォガドロ定数【Avogadro's constant】

1モルの物質中に含まれる単位粒子の数.最近の値では6.022045×1023,すなわち約6022垓(がい,一兆の一億倍)である.いろいろな手法によってもっと有効数字の大きな値を求める試みが続けられている.原子,分子,イオンそのほか,アヴォガドロ定数だけをまとめた量が1モル(mol)である.最初に測定したのはオーストリアのロシュミットだったので,ドイツ語圏では以前ロシュミット数*と呼んだこともある.記号として N,もしくは LA が用いられる.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

アヴォガドロ定数の関連キーワードアインシュタインのブラウン運動の式サザーランド‐アインシュタインの式ファンデルワールス状態方程式ランジュヴァンの反磁性公式アインシュタインの拡散式オンサガーの式(誘電率)ボルン方程式(溶媒和)スモルコフスキーの式カークウッドの公式アヴォガドロ数アボガドロ定数ロシュミット数ボルツマン定数ロシュミットボルンの式

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android