アーカイバー(読み)あーかいばー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

アーカイバー

複数のファイルを1つのファイルにまとめるソフトウェア。通常、複数のファイルを1つにまとめるだけでなく、ファイルを圧縮する機能、まとめたり圧縮したりしたファイルを元に戻す機能も持つ。ファイル圧縮・解凍ソフトウェアとも呼ぶ。代表的なアーカイバー-として、WindowsではLHAやWinZip、UNIXではtar、MacOSではStuffItなどがある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

アーカイバー

複数のファイルを圧縮しながらひとつのファイルにまとめるソフトのことです。日本語では、「圧縮ソフト」と呼ばれます。圧縮されたファイルの中身を復元(解凍)する機能も含まれているのが普通です。
⇨ZIP、アーカイブ、圧縮、解凍

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

デジタル大辞泉の解説

アーカイバー(archiver)

書庫の意のarchivesから》パソコンで、複数のファイルを一つにまとめるプログラム。通常、まとめるときにファイルを圧縮し、また使用するときに復元する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

アーカイバー【archiver】

データ-ファイルの管理保存のためのソフトウエア。特に、大きなファイルを圧縮するためのものをいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android