アーカイバー(読み)あーかいばー

ASCII.jpデジタル用語辞典「アーカイバー」の解説

アーカイバー

複数ファイルを1つのファイルにまとめるソフトウェア。通常、複数のファイルを1つにまとめるだけでなく、ファイルを圧縮する機能、まとめたり圧縮したりしたファイルを元に戻す機能も持つ。ファイル圧縮・解凍ソフトウェアとも呼ぶ。代表的なアーカイバー-として、WindowsではLHAやWinZip、UNIXではtarMacOSではStuffItなどがある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本「アーカイバー」の解説

アーカイバー

複数のファイルを圧縮しながらひとつのファイルにまとめるソフトのことです。日本語では、「圧縮ソフト」と呼ばれます。圧縮されたファイルの中身を復元(解凍)する機能も含まれているのが普通です。
⇨ZIP、アーカイブ、圧縮、解凍

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android