コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーキングホーン arcing horn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アーキングホーン
arcing horn

送電線を絶縁支持している碍子 (がいし) 連を保護するために碍子連の両端に付設したホーン (角) 状の電極。アークホーンとも呼ぶ。落雷でこのホーン間にアーク放電が発生すると続いて碍子に大電流が流れる。この大電流が直接碍子連の表面に沿って流れるとその熱によって碍子が破損することがある。あらかじめ碍子連の両端にホーン状のギャップを設けておき,これにアーク放電を起こさせれば碍子を保護することができる。鉄道の送電線のほかに送変電用の高圧機器の保護のために絶縁部分にアーキングホーンを付設する場合もある。また,他にアーク放電を発生させるためだけでなく,電場の強い碍子連の両端の電場を和らげ,コロナ発生を防ぐための機能をもたせたアークリングもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アーキングホーンの関連キーワード超高圧送電懸垂碍子絶縁協調

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android