コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アースアンカー

1件 の用語解説(アースアンカーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アースアンカー

土止め壁が倒れないように引きとどめるなどの目的で用いられる柱状の構造物。地盤中に穴をあけ,ピアノ線など高強度鋼材を挿入,穴に入れた先端部をセメントなどで周囲の土に定着し,その後鋼材を緊張させてからその頭部を土止め壁などの対象物に固定する。標準的なもので穴の直径10~15cm,長さ数m~数十m,引抜抵抗は数十t以上である。送電線用鉄塔の基礎にも利用される。日本では1960年代から実用化され,アースアンカーは日本語である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アースアンカーの関連キーワード煽り止め押し止める塞き止める止めを刺す歯止め悪止め襟止繋ぎ止める引き止める引止める

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone