アースアンカー

世界大百科事典 第2版の解説

土止め壁が倒れないように引きとどめるなどの目的で用いられる柱状の構造物。地盤中にをあけ,ピアノ線など高強度鋼材挿入,穴に入れた先端部をセメントなどで周囲の土に定着し,その後鋼材を緊張させてからその頭部を土止め壁などの対象物に固定する。標準的なもので穴の直径10~15cm,長さ数m~数十m,引抜抵抗は数十t以上である。送電線用鉄塔の基礎にも利用される。日本では1960年代から実用化され,アースアンカーは日本語である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android