コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

挿入 そうにゅう

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

挿入

新たなデータを追加すること。たとえば、ワープロソフトで文章の途中に新たな文字を追加したり、表計算ソフトでワークシート上に新たなセルや行、列を追加したりすることなどを指す。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

そう‐にゅう〔サフニフ〕【挿入】

[名](スル)中にさし入れること。中にはさみこむこと。「イラストを挿入する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

そうにゅう【挿入】

➀文字入力の際、カーソルで示した文字と文字の間に新しい文字を割り込ませて書き換えること。
表計算ソフトで、ワークシート上に新たな列や行などを追加すること。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

そうにゅう【挿入】

( 名 ) スル
間にさし入れること。はさみこむこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

図書館情報学用語辞典の解説

挿入

(1)分類作業の記号決定段階における列挙順序の再編成を,ファセット指示子でパッケージされたファセットの移動により,柔軟に行うこと.ファセット指示子には,かっこや引用符など対をなす符号を使用する.例えば,国際十進分類法において,英国自由党に対する分類記号は329.12(41-4)で,列挙順序は「政治学―政党―自由主義―イギリス」であるが,政党を政策よりも国家で先に区分したいときは,挿入により329(41-4)12と再構成が可能になる.挿入の最終目的は,前方に移動したファセットのもとでの,有用なグループ化である.(2)分類表において新しい主題の項目を既存の項目の間に挿入すること.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

挿入の関連キーワードカードテンションメーターキャッシュディスペンサーインターカレーションインサーションソートinsert key磁気カードリーダーメモリースロットエッジコネクターinsertキーインサートモードスロットイン方式インターカラントインサーション挿入ポイント中心静脈栄養フェルトペン拡張スロットアニメソングシェルソートタイムカード

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

挿入の関連情報