コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アースラバ āsrava

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アースラバ
āsrava

流入」を意味するサンスクリット語。仏教では,人間が迷いのために過失や苦を漏出排泄して輪廻するところから煩悩を意味し,漢訳仏典では,「漏」と訳される。ジャイナ教では,人間の身体が活動して,身,口,意の働きがなされると,その行為 (業) によって微細な物質が霊魂を取巻いて付着すると説き,このことをアースラバという。 (→有漏 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アースラバの関連キーワード有漏・無漏

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android