コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有漏 うろsāsrava

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有漏
うろ
sāsrava

仏教用語。「」は,漏れ出ることで,迷いやけがれをさす。迷いを有する状態を有漏という。無漏に対し,迷いの世界の総称

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

う‐ろ【有漏】

《〈梵〉sāsravaの訳。流れ出るものを有する意》仏語。漏すなわち煩悩(ぼんのう)のある状態。⇔無漏(むろ)
「万(よろづ)を―と知りぬれば阿鼻(あび)の炎も心から」〈梁塵秘抄・二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うろ【有漏】

〘仏〙 〔「漏」は煩悩ぼんのうの意〕 いろいろな欲望や迷いの心をもっていること。 ↔ 無漏 「 -の身をかへざることを歎きて/太平記 18

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

有漏の関連キーワードアースラバ有漏・無漏平等性智有漏種子無漏路無漏法無漏智無漏道法身二道

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android