有漏(読み)うろ(英語表記)sāsrava

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有漏
うろ
sāsrava

仏教用語。「漏」は,漏れ出ることで,迷いやけがれをさす。迷いを有する状態を有漏という。無漏に対し,迷いの世界の総称

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

う‐ろ【有漏】

《〈梵〉sāsravaの訳。流れ出るものを有する意》仏語。漏すなわち煩悩(ぼんのう)のある状態。⇔無漏(むろ)
「万(よろづ)を―と知りぬれば阿鼻(あび)の炎も心から」〈梁塵秘抄・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うろ【有漏】

〘仏〙 〔「漏」は煩悩ぼんのうの意〕 いろいろな欲望や迷いの心をもっていること。 ⇔ 無漏 「 -の身をかへざることを歎きて/太平記 18

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

う‐ろ【有漏】

〘名〙 (「漏」は煩悩の意) 仏語。煩悩のあること。また、三有漏の一つ「有有漏」を特にいう場合もある。⇔無漏
往生要集(984‐985)大文四「我従今日乃至一善不己身有漏果報尽為極楽」 〔雑阿含経‐一八〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android