アート・ドキュメンテーション学会

図書館情報学用語辞典 第5版の解説

図書館,美術館・博物館,美術研究機関,関連メディアを横断し,アート・ドキュメンテーションの進展に寄与することを目的として1989(平成元)年に設立されたアート・ドキュメンテーション研究会が,2005年に改称した学術団体司書学芸員,研究者を含む個人正会員,学生会員,機関・団体賛助会員で構成し,総会,役員会のほかに調査,文献情報など各種委員会,SIG,関西地区部会を組織.主な活動に年次大会,5年ごとの研究フォーラムの開催,『アート・ドキュメンテーション通信』(1989-  ),『アート・ドキュメンテーション研究』(1992-  )の刊行などがある.日本学術会議登録団体.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android