アーニー ウイルキンス(英語表記)Ernie Wilkins

20世紀西洋人名事典の解説

アーニー ウイルキンス
Ernie Wilkins


1922.7.20 -
米国のジャズ奏者。
ミズーリ州セントルイス生まれ。
母からピアノの手ほどきを受け、1948年にアール・ハインズ楽団に参加し、’51年にはカウント・ベイシー楽団に「ピース・パイプ」「ブレッド」などに作品を提供した。’55年にフリーランスとなり、ベイシー、ドーシー楽団やハリー・ジェームズ楽団と働き、「ドラム組曲」の編曲で絶賛を浴びた。’70年代からクラーク・テリー楽団や、メインストリーム・レコードなどの編曲者として活躍、その後は自己のオールモスト・ビッグ・バンドを率いている。代表作は、「モントルーのクラーク・テリー」「オールモスト・ビッグ・バンド」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android