コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イェイイェル Erik Gustaf Geijer

1件 の用語解説(イェイイェルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イェイイェル【Erik Gustaf Geijer】

1783‐1847
スウェーデンの詩人,歴史学者。ウプサラ大学歴史学教授(1817‐46)。詩人としては古いゴート族の美徳をたたえる作品を発表,歴史学の著作としては《スウェーデン国民史》3巻(1832‐36)が著名。国会議員もつとめ,政治的には保守的な立場にいたが,1830年代後半の新しい自由主義的傾向に共鳴,変節とも評されたが,保守主義の立場を貫いた同僚アッテルボムAmadeus Atterbom(1790‐1855)とは異なり,楽天的な彼は晩年に,いったん衰えた詩作の力を回復し,すぐれた短詩を発表するようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

イェイイェルの関連キーワード天明の飢饉桂川甫三木室卯雲真如海唐来参和ボリーバル鎌原村遺跡児童文学森田勘弥小山田与清

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone