イオン交換膜法製塩(読み)イオンこうかんまくほうせいえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イオン交換膜法製塩
イオンこうかんまくほうせいえん

海水中の塩分をイオン交換膜を用いて電気エネルギーにより濃縮する製塩法。両端に電極を入れた槽のなかに陽イオン交換膜陰イオン交換膜を交互に配置して海水を流し,直流電圧をかけると,イオン状に存在する分が交換膜の間の隔番の濃縮室に集って濃縮される。それを蒸発釜で煮つめて製塩を行う。なお,濃縮室の間には逆に塩分の薄い希釈海水ができる。アメリカなどでは海水の淡水化にイオン交換膜法が開発されたが,日本では製塩法として 1950年頃から試験され,60年には中間工業化され,72年から,第4次塩業整備により国内製塩のすべてがこの方法によって行われるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android