コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イギリス=トルコ通商条約 イギリス=トルコつうしょうじょうやく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イギリス=トルコ通商条約
イギリス=トルコつうしょうじょうやく

1838年8月,自由貿易主義政策を推進するイギリスが,オスマン帝国に輸出市場と原料輸入市場とを求めて締結した不平等条約。この通商条約に触発されたフランス,ドイツなども同様の条約をオスマン帝国との間に締結し,オスマン帝国はこれによって関税自主権を喪失し,西欧列強の経済的植民地として位置づけられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

イギリス=トルコ通商条約の関連キーワードマフムート2世

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android