コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イコニウム イコニウム Iconium; Ikonion

1件 の用語解説(イコニウムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イコニウム
イコニウム
Iconium; Ikonion

小アジアの古代都市ギリシア名イコニオン。現トルコのコンヤ。肥沃な平地に囲まれ,前 3000年代からの世界最古の集落に由来するフリュギア人 (→フリュギア ) の都市で,ヒッタイト帝国に所属し,前3世紀頃からギリシア文明に浸透され,前 25年までにローマの属州ガラチアの版図に入った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイコニウムの言及

【コニヤ】より

…標高1025m,アナトリア中部の交通要路に位置し,トルコの穀倉地帯とよばれるコニヤ平原に産する小麦,果物,羊毛の取引・加工地として,また神秘主義教団メウレウィーの本拠のある宗教都市として知られる。 町の建設は古代フリュギアにさかのぼり,ローマ時代にはリカオニア地方の主都としてイコニウムIconiumとよばれ,パウロの第1回伝道地の一つであった。11世紀末以後,ルーム・セルジューク朝の首都となり,12~13世紀前半には,イスラム世界と西方キリスト教世界との交易の拠点として繁栄し,宮殿,モスク,マドラサなどの初期のトルコ・イスラム建築に彩られた。…

※「イコニウム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イコニウムの関連キーワードアルベラニカイアニシビスアポロニウス小アジアアスペンドスパタラ植民市ギリシア科学メアンデル

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone