コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イサコーフスキー Mikhail Vasil’evich Isakovskii

世界大百科事典 第2版の解説

イサコーフスキー【Mikhail Vasil’evich Isakovskii】

1900‐73
ロシア,ソ連邦の詩人。貧しい農民の家庭に生まれ,初等学校しか教育を受けられなかった。1921年からスモレンスクの地方紙《労働者の道》で働き,その後モスクワへ出る。そのころから詩作をはじめ,27年ゴーリキーに認められ,〈イサコーフスキーは単なる田舎者ではなく,都市と農村,この二つの力を知っている新しい人間だ。この二つの力はそれぞれ単独では存在できないものだ〉と評価された。多くの詩集を出し,ソ連邦の読者に親しまれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android