コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イサコーフスキー Mikhail Vasil’evich Isakovskii

世界大百科事典 第2版の解説

イサコーフスキー【Mikhail Vasil’evich Isakovskii】

1900‐73
ロシア,ソ連邦の詩人。貧しい農民の家庭に生まれ,初等学校しか教育を受けられなかった。1921年からスモレンスクの地方紙《労働者の道》で働き,その後モスクワへ出る。そのころから詩作をはじめ,27年ゴーリキーに認められ,〈イサコーフスキーは単なる田舎者ではなく,都市と農村,この二つの力を知っている新しい人間だ。この二つの力はそれぞれ単独では存在できないものだ〉と評価された。多くの詩集を出し,ソ連邦の読者に親しまれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

イサコーフスキーの関連キーワード[各個指定]工芸技術部門ウンベルト1世義和団事変ケイロース酒井雄三郎ドールセントルイス・カージナルス耐火物ベルトルッチ内閣総理大臣

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android