コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イサーク大聖堂 イサークだいせいどう

1件 の用語解説(イサーク大聖堂の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

イサークだいせいどう【イサーク大聖堂】

ロシア第2の都市サンクトペテルブルグにある聖堂。エルミタージュ国立美術館の南西1kmに位置し、中央の黄金ドームは高さ101mの塔がそびえる、幅111m、奥行き97mの壮大な建物である。市内最大の教会で、ピョートル大帝のために建造され、軟弱な地盤のため度重なる破損と修復を経て、1858年に完成した。内部は博物館になっていて、内装は聖書にモチーフを取った場面や聖人の絵が絢爛豪華に描かれていて、多くのイコンや美術品が展示されている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イサーク大聖堂の関連キーワードペテルブルグサンクトペテルブルグサンクトペテルブルクペトログラード芸術広場サンクトペテルブルグ要塞Царское Селоペテルスブルクサンクトペテルブルク交響楽団サンクト・ペテルブルグ大学

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone