コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イシュキー イシュキー `Ishqī, Muḥammad Reẓā

1件 の用語解説(イシュキーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イシュキー
イシュキー
`Ishqī, Muḥammad Reẓā

[生]1894. ハマダーン
[没]1924. テヘラン
イランの詩人。第1次世界大戦中に民族運動に加わり,イスタンブールに亡命。帰国後も反体制運動を推進し革命的な詩を多く発表したため投獄され,まもなく獄中で暗殺された。作品には,ペルシア語最初のオペラ『イラン帝王の復活』 Rastākhīz-e salāṭīn-e Īrānのほか,イランの過去の栄光をたたえた詩『黒い経帷子 (かたびら) 』 Kafan-e siyāh,政治,社会の変革を訴えた詩『理想』 Īdeālがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イシュキーの関連キーワードハマダーンラマダーンラマダーン戦争ハマダン翅斑蚊死者はまだ眠れないすはまだんごローズ・マダー浜田町イラーキー・ハマダーニー

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone