ハマダーン(英語表記)Hamadān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハマダーン
Hamadān

イラン中央西部,ハマダーン州州都テヘランの南西約 280km,アルバンド山麓,標高 1877mに位置する。古代から開けたところで,アッシリア時代にはビットダイウッキ,メディア時代にはアグバタナあるいはハングマタナ (ギリシア語ではエクバタナ) と呼ばれ,メディア王国の首都であったが,その滅亡 (前 550) 後,アケメネス朝時代にも夏の都に選ばれて繁栄し,豪華な装飾を施した宮殿や寺院が建てられた。 642年頃アラビア人に征服され,12世紀後半にはセルジューク朝の首都となった。しかしモンゴル軍による破壊 (1220頃) や,チムールの攻略 (1386) を受けた。 17世紀アッバース1世によって改良美化されたが,18世紀にはイラクとペルシアの争奪の的となり人口が激減した。現在はイランの主要商業都市の一つで,皮革の交易中心地,絨毯の主要生産地。近年発掘された「ハマダーンの遺宝」は有名。イラン=イラク戦争で大きな被害を受けた。人口 34万 9653 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ハマダーン

イラン西部の都市。テヘランからイラク国境に通じる道路上の要地で,商業が盛ん。陶器・皮革工場があり,毛織物の産地でもある。古代ペルシア時代にはエクバタナと呼ばれ,メディア王国主都アケメネス朝の夏の都でもあった。古代の遺跡が多い。52万5794人(2011)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハマダーン【Hamadān】

イラン北西部の同名州の州都。人口40万6000(1994)。ハマザーンHamadhānとも呼ばれた。歴史は古く,メディア王国の首都エクバタナの所在地であり,アケメネス朝には夏の宮殿(都)となった。645年ころアラブ・イスラム教徒の支配下に入り,もっぱら東西交易の中心地として栄えた。11世紀以降,セルジューク朝,イル・ハーン国,ティムール朝などの支配をうけ,1724年オスマン帝国が奪取したが,32年カージャール朝下でイラン領となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のハマダーンの言及

【エクバタナ】より

…イラン西部の都市ハマダーンの古名で,古代イラン語ハグマターナHagmatānaに由来する。前8~前6世紀にはメディア王国の首都であった。…

※「ハマダーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android