コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イシュケウル国立公園(読み)イシュケウルこくりつこうえん(英語表記)Ichkeul National Park

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イシュケウル国立公園
イシュケウルこくりつこうえん
Ichkeul National Park

チュニジア北部,首都チュニスの北西約 60kmのイシュケウル湖一帯の湿地帯に広がる国立公園。面積 126km2。 1980年指定。かつては王家の私有地であった。ラムサール条約により保護されている湿原地帯は,ヒドリガモメジロガモハイイロガンなどヨーロッパ大陸と北アフリカを渡る 25万羽もの鳥類が越冬する楽園となっている。またユーラシアカワウソタテガミヤマアラシなども生息する。 1980年世界遺産の自然遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android