コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イシュケウル国立公園 イシュケウルこくりつこうえんIchkeul National Park

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イシュケウル国立公園
イシュケウルこくりつこうえん
Ichkeul National Park

チュニジア北部,首都チュニスの北西約 60kmのイシュケウル湖一帯の湿地帯に広がる国立公園。面積 126km2。 1980年指定。かつては王家の私有地であった。ラムサール条約により保護されている湿原地帯は,ヒドリガモメジロガモハイイロガンなどヨーロッパ大陸と北アフリカを渡る 25万羽もの鳥類が越冬する楽園となっている。またユーラシアカワウソタテガミヤマアラシなども生息する。 1980年世界遺産の自然遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

イシュケウル国立公園の関連キーワードイシュケル国立公園私有地

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android