コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イジョ族 イジョぞくIjaw; Ijo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イジョ族
イジョぞく
Ijaw; Ijo

ナイジェリアの南部,ニジェール川デルタ地帯に住む民族。言語はニジェール=コンゴ語派のクワ諸語に属する。人口約 160万と推定される。ニジェール本流の西では,各村落は外敵に対して連携した共同組織をもち,その構成員は共通の祖先をもつ。村落レベルの統治は,長老会やときには祭司によって行われる。漁業とやし油採集とデルタ地帯での農業が経済の基盤である。 1500年頃ヨーロッパ人と接触して,ボニーカラバル,ネムケの各地では奴隷貿易が行われた。貿易商人は富と権力をたくわえたが,有能な奴隷がその後継者となることもあった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

イジョ族の関連キーワードナイジェリアオカラ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android