コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イスタクシワトル火山(読み)いすたくしわとるかざん(英語表記)Iztaccihuatl

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イスタクシワトル火山
いすたくしわとるかざん
Iztaccihuatl

メキシコの首都メキシコ市の南東約50キロメートルにある火山。別名イスタシワトル火山。標高5286メートル。オリサバ火山、ポポカテペトル火山につぐ同国第3位の高峰。噴火記録はない。3峰からなる山容が女性の寝姿に似ており、南にあるポポカテペトル火山が男の山なのに対し、女の山として信仰されてきた。山名はナワトル語で「白い女」を意味する。ポポカテペトル国立公園に属する。熱帯地方ながら四季雪を頂き、メキシコ、プエブラ両市周辺の沃野(よくや)を潤す。山麓(さんろく)はコーヒー、タバコ、綿花などの産地である。[諏訪 彰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android