イスファハーニー

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イスファハーニー
いすふぁはーにー
Ab ‘l-Faraji al-Ifan
(897―967)

アラブの文学者。編著『アガーニー』で名高い。ペルシアのイスファハーンで生まれたが生粋(きっすい)のアラブ人で、ムハンマド(マホメット)に連なる由緒あるメッカの住民クライシュの一員であり、ウマイヤ朝最後の教王マルワーンの子孫。バグダードに出て育ち、アラブ古典の勉強に打ち込んだ。晩年ブワイフ朝の大臣であったムイッズ・アッダウラやアンダルシア(スペイン南部)の王からも援助を受けた。[内記良一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のイスファハーニーの言及

【イスバハーニー】より

…アラブ・イスラムの文学者,詩人,音楽家。イスファハーニーal‐Iṣfahānīともよばれる。先祖はクライシュ族。…

※「イスファハーニー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android