イスラム会議機構(読み)イスラムかいぎきこう(英語表記)Organization of the Islamic Conference; OIC

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イスラム会議機構
イスラムかいぎきこう
Organization of the Islamic Conference; OIC

イスラム的価値の維持,イスラム的連帯の推進,イスラムの聖地の保護およびイスラム教徒の民族闘争支援などを目的とする国際機構。1969年8月イスラエル占領下のエルサレム旧市で起こったアクサー・モスク放火事件を契機に,9月モロッコのラバトで第1回イスラム首脳会議が開かれ,毎年外相会議を開くことを決定した。1971年サウジアラビアのジッダで開かれた第3回外相会議で OIC憲章を採択,これに基づきイスラム会議機構が発足した。最高機関は原則として 3年ごとに開かれるイスラム諸国首脳会議で,その下に外相会議,財政,経済・文化・社会,科学・技術協力,エルサレム問題などの委員会および事務局(所在地ジッダ)がある。56ヵ国とパレスチナ解放機構 PLOが加盟している。加盟国アフガニスタンへのソビエト連邦の侵攻,加盟国間の武力行使(イラン=イラク戦争やイラクのクウェート侵略)では困難な問題に直面したが,旧ユーゴスラビアにおける民族紛争ではボスニア・ヘルツェゴビナのイスラム教徒を支援した。加盟国間の経済協力や,非加盟国のイスラム教徒にも配慮する文化的社会的活動なども展開している。イスラム開発銀行は 1974年の OIC財務相会議で設立され,翌 1975年にジッダで開業した。2011年,イスラム協力機構に名称を変更した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android