イズロン酸2(もしくは3)-硫酸

  • イズロン酸2硫酸

栄養・生化学辞典の解説

 C6H10O10S (mw274.21).ムコ多糖ヘパリンヘパラン硫酸,およびコンドロイチン硫酸の構成成分として,これらムコ多糖の血液の流動性の維持や脂血清澄作用に関与するとされる.一方,ハンター症候群はイズロン酸2-スルファターゼを遺伝的に欠損するムコ多糖症で,ヘパラン硫酸およびコンドロイチン硫酸の代謝異常が起こり,それらの部分分解産物が肝臓脾臓に蓄積し,尿中排泄も増す.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android