コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イソウミウシ イソウミウシRostanga arbutus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イソウミウシ
Rostanga arbutus

軟体動物門腹足綱ウミウシ科。体長2~3cmで,体はナメクジ様。体色は橙色のものと,黒褐色のものがある。背面に細かい繊毛状突起が密にあり,小黒色斑が散在することがある。鰓は6~9葉あり,橙黄色。触角は暗褐色で,先端は黄色。口の両側には指状突起がある。北海道から九州,さらにオーストラリアまで分布し,潮間帯の岩礁のダイダイイソカイメンの上にいる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone