コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イソカサゴ Scorpaenodes littoralis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イソカサゴ
Scorpaenodes littoralis

カサゴ目フサカサゴ科。全長 10cmになる。体形カサゴ形。背鰭棘は 13本。体は暗赤色で,体側に5条の不明瞭な暗色横帯がある。各鰭は赤く,鰓蓋に1暗色斑がある。磯魚で岩礁性の潮だまりに多い。千葉県以南の西部太平洋に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イソカサゴ
いそかさご / 磯笠子
shore rockfish
[学]Scorpaenodes littoralis

硬骨魚綱カサゴ目フサカサゴ科に属する海水魚。千葉県小湊(こみなと)から鹿児島県にかけての沿岸および小笠原(おがさわら)諸島、西太平洋、インド洋に分布する。全長10センチメートルぐらいにしかならない磯魚(いそうお)で、岩礁の潮だまりに多くみられる。臀(しり)びれの第2棘(きょく)が第3棘より著しく長く、鰓蓋(さいがい)に明瞭(めいりょう)な1個の暗色斑(はん)があるのがこの種の特徴である。各ひれの棘(とげ)には毒があり刺されるとひどく痛むので、注意する必要がある。[尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イソカサゴの関連キーワードアカネズミアカネズミアワガエリイケマイワギリソウウシノケグサジャノヒゲスズメノヒエチングルマハブカズラ

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android