コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イソカサゴ イソカサゴ Scorpaenodes littoralis

2件 の用語解説(イソカサゴの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イソカサゴ
イソカサゴ
Scorpaenodes littoralis

カサゴ目フサカサゴ科。全長 10cmになる。体形はカサゴ形。背鰭棘は 13本。体は暗赤色で,体側に5条の不明瞭な暗色横帯がある。各鰭は赤く,鰓蓋に1暗色斑がある。磯魚で岩礁性の潮だまりに多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イソカサゴ
いそかさご / 磯笠子
shore rockfish
[学]Scorpaenodes littoralis

硬骨魚綱カサゴ目フサカサゴ科に属する海水魚。千葉県小湊(こみなと)から鹿児島県にかけての沿岸および小笠原(おがさわら)諸島、西太平洋、インド洋に分布する。全長10センチメートルぐらいにしかならない磯魚(いそうお)で、岩礁の潮だまりに多くみられる。臀(しり)びれの第2棘(きょく)が第3棘より著しく長く、鰓蓋(さいがい)に明瞭(めいりょう)な1個の暗色斑(はん)があるのがこの種の特徴である。各ひれの棘(とげ)には毒があり刺されるとひどく痛むので、注意する必要がある。[尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イソカサゴの関連キーワードアコウダイカサゴメバル笠子蓑笠子高砂町カサゴ(笠子)フサカサゴ(総笠子)ミノカサゴ(蓑笠子)フサカサゴ科

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone