コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磯魚 イソウオ

3件 の用語解説(磯魚の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いそ‐うお〔‐うを〕【×磯魚】

磯の岩礁や藻場にすむ魚。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いそうお【磯魚】

磯の岩礁や藻の間などにすむ魚。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

磯魚
いそうお
rocky-shore fish

生育期の大部分を沿岸の岩礁域に定着して生活する魚をいう。磯は水の流れが複雑で餌(えさ)となる生物も比較的豊富であり、浜に比べて魚の種類や個体数が多い。とくにスズキ目の魚が多く、ハタ類、イシダイ、クロダイ、メジナ、ブダイ類などは代表的なものである。磯魚の多くは、季節によって著しく生息場所が変動する。水温が低下しだす晩秋から磯を離れて沖合いの深所で越冬し、水温が上昇してくる早春から磯へ移動して盛んに餌を食べて成長する。また、磯には海藻が繁茂するので、晩春から夏にかけて孵化(ふか)した幼魚の生育場所でもある。
 暖流の勢力が強い磯は、サンゴ礁型、黒潮岩礁型、対馬(つしま)暖流岩礁型の3型に分類できる。サンゴ礁型では造礁サンゴ類が繁殖するので、この型の海域にはサンゴのポリプを食べるチョウチョウウオ類、スズメダイ類、ベラ類、カワハギ類などのほか、海藻を食べるアイゴ類、ニザダイ類、ブダイ類などが多くすむ。温帯域の黒潮岩礁型の魚類相はサンゴ礁型に似る。一方、対馬暖流岩礁型は太平洋側とはかなり異なり、ウミタナゴやメバル、ハツメ、ウスメバルなどのメバル類など日本で分化した魚が多く生息しているが、太平洋側に比べると魚類相はかなり貧弱である。なお、磯魚のうち、ハタ類、イシダイ、クロダイなどは、釣りの対象魚として人気があるほか、高級魚として扱われているが、いずれも漁獲量は多くない。[落合 明・尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

磯魚の関連キーワード赤海星海魚沿岸魚川魚久慈目雀鯛底物根魚底魚(そこうお)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

磯魚の関連情報