コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イソカニダマシ

3件 の用語解説(イソカニダマシの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

イソカニダマシ

カニダマシ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

イソカニダマシ【Petrolisthes japonicus】

甲殻綱カニダマシ科に属し,カニ型であるが分類学的には異尾類(ヤドカリ類)に属す(イラスト)。岩礁の石の下にすみ,じみな濃緑褐色。とらえようとすると,扁平なはさみ脚を交互に支えにして後ずさりして逃げる。はさみ脚を押さえるとすぐ自切してしまうため,完全な標本を得るのは容易ではない。甲長1cm。外形はカニによく似ており,甲は縦長の三角形で,滑らかである。カニと違って,第2触角が著しく長く,また,はさみ脚の長節が短くて腕節が長い(カニでは逆)が,もっともわかりやすい違いは,3対の歩脚に続く第4脚が著しく小さいことである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イソカニダマシ
いそかにだまし / 磯蟹騙
[学]Petrolisthes japonicus

節足動物門甲殼綱十脚(じっきゃく)目カニダマシ科に属するカニ型の海産動物。分類学的にはヤドカリ類などとともに異尾亜目に含まれる。日本の沿岸でもっとも普通にみられるカニダマシで、相模(さがみ)湾から沖縄、朝鮮半島、香港(ホンコン)、インドネシア、ミャンマー(ビルマ)南部のメルギー諸島に分布する。外洋性の磯(いそ)のやや大きめの石の下に多数の個体が集まっていることがある。甲長約1センチメートルで、やや縦長の丸みを帯びた三角形。甲面は滑らかで毛はなく、鰓前棘(さいぜんきょく)、眼上棘ともにない。はさみ脚(あし)の腕節の後縁末端近くに3本、前縁基部に1本のとげがあり、成体では前縁中央部に1歯ある。甲面は一様に濃い緑褐色で、腹面は白っぽい。近縁種はサンゴ礁に多く、日本からは17種が知られている。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イソカニダマシの関連キーワード甲殻類猿蟹合戦かに蟹虫偽瓢虫メカニカル有るが中に蟹騙エビとカニの水族館だまし

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イソカニダマシの関連情報