コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イソケファリ isocephaly

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イソケファリ
isocephaly

彫刻,絵画用語。ギリシア語 isos (等しい) ,kephale (頭) に由来する。浮彫,絵画などで多くの人物の頭頂を,その姿勢にかかわりなく同じ高さに表現する構図法で,パルテノン神殿のフリーズやマサッチオ作の『貢の銭』 (フィレンツェブランカッチ礼拝堂) がその典型的な例。ヘレニズム時代の浮彫,中世初期の絵画。 13世紀フランス・ゴシックの浮彫にもこれがみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android