コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イソコモリグモ イソコモリグモLycosa ishikariana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イソコモリグモ
Lycosa ishikariana

クモ綱クモ目コモリグモ科。体長 13~23mm。体は灰色ないし黄褐色で,頭胸部に明るい正中条斑がなく,腹部には数対の黒斑がある。磯という名がついているが,実際には砂浜の波打ちぎわから草の生えぎわの間の地中に,直径1~1.5cm,深さ 15~30cmの巣穴を掘ってすむ。昼間は砂を糸でかがって入口をふさいで巣穴の中にひそみ,夜間に入口付近に出て昆虫や小動物を捕食する。北海道から鳥取県にいたる日本海沿岸と北海道および青森県から茨城県にいたる太平洋岸に分布する。日本産のコモリグモ科のなかで最大の種である。砂浜海岸の開発や荒廃化によって絶滅に瀕している種の1つである。 (→コモリグモ )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イソコモリグモの関連情報