コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イソスジエビ Palaemon pacificus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イソスジエビ
Palaemon pacificus

軟甲綱十脚目テナガエビ科。体長 5cm内外。体表に黒褐色の複雑な線状模様をもつが,幼エビでは単純である。岩礁性海岸にアシナガスジエビ P. ortmanni,スジエビモドキ P. serrifer とともに多産し,食用とされるほか,釣餌としても利用される。分布は広く,インド西太平洋海域ほぼ全域にわたっている。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イソスジエビ
いそすじえび / 磯筋蝦
[学]Palaemon pacificus

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目テナガエビ科に属するエビ。体長5センチメートルに達する。岩礁の潮だまりに多く、房総半島沿岸およびハワイ、東南アジア各地に広く分布する。体色はほとんど透明で、黒褐色の複雑な縞(しま)模様があるが、若い個体では単純である。額角(がっかく)は頭胸甲長にほぼ等しく、前半部がやや上方に曲がっている。歯数は上縁に6~11個(頭胸甲上に3個)、下縁に2~6個である。近縁種のスジエビモドキP. serriferやアシナガスジエビP. ortmanniも多くみられるが、額角の長さや歯数の相違によって識別される。いずれも食用や釣りの餌(えさ)とされる。[武田正倫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のイソスジエビの言及

【スジエビ(筋蝦)】より

…千島,サハリン,日本全国,韓国に分布する。近縁のスジエビモドキP.serrifer,イソスジエビP.pacificus,アシナガスジエビP.ortmanniなどはすべて沿岸から浅海の岩礁にすむ。スジエビモドキは縞模様がスジエビに似ているが,額角上縁のとげが9~13本である。…

※「イソスジエビ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イソスジエビの関連キーワード甲類

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android