コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イテ・ミサ・エスト Ite missa est

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イテ・ミサ・エスト
Ite missa est

終祭誦 (しゅうさいしょう) 。ラテン語によるミサでその終りを告げる典礼文。「行け,汝らは去らしめられる」の意。ミサの終りに司祭は会衆に向いこの語を唱えてミサの終了を告げる。それに対して会衆は Deo gratias (神に感謝す) または Benedicamus Domino (主を祝福せん) と応答する。最初のオルド・ロマヌス (典礼式書) に定められているが (1689) ,すでに最も古いローマのラテン語のミサに属していた。第2バチカン公会議 (1962~65) 以来,日本語によるミサでは「感謝の祭儀を終ります。行きましょう,主の平和のうちに。神に感謝」という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のイテ・ミサ・エストの言及

【ミサ】より

…キリスト教の儀礼である典礼の中心をなす礼拝集会。西方教会,特にカトリック教会で最も一般化した名称で,その由来は派遣のことば〈イテ・ミサ・エストIte,missa est〉(〈行け,汝らは去らしめられる〉の意)から出たものといわれているが定かでない。ミサは,キリストの生涯のできごとの一つを福音書を中心に聖書朗読によって記念する〈ことばの典礼〉から始まるが,その生涯の救いの業(わざ)の中心である十字架上の死による完全な奉献を〈最後の晩餐〉の遺言に従って記念する〈感謝の典礼〉が続き,主の晩餐にあずかってキリストとの出会いを通して相互の一致のうちに神との交わりを深める〈交わりの儀〉によって頂点に達する。…

※「イテ・ミサ・エスト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android