祭儀(読み)サイギ

精選版 日本国語大辞典の解説

さい‐ぎ【祭儀】

〘名〙 祭の儀式。祭祀(さいし)
※漆胡樽(1950)〈井上靖〉一「生活がそのまま豪宕(がうたう)な祭儀であり得た時代です」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の祭儀の言及

【祭り】より

…古代ギリシア・ローマの密儀はもとより,イエス・キリストの降誕も聖夜に祝われ,謝肉祭や復活祭も夜を徹して行われる。秋祭夏祭春祭冬祭【薗田 稔】
[祭儀と祝祭]
 人間の社会集団においては,その構造を基礎づける超越的な世界像を持つ場合がある。それが,社会によっては超自然的な神の世界だったり,あるいはまた聖なる歴史的過去であったりして一様ではない。…

※「祭儀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

祭儀の関連情報