コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祭儀 サイギ

デジタル大辞泉の解説

さい‐ぎ【祭儀】

神仏を祭る儀式祭祀(さいし)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さいぎ【祭儀】

聖所や神殿で行われる儀礼。祭祀さいし

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の祭儀の言及

【祭り】より

…古代ギリシア・ローマの密儀はもとより,イエス・キリストの降誕も聖夜に祝われ,謝肉祭や復活祭も夜を徹して行われる。秋祭夏祭春祭冬祭【薗田 稔】
[祭儀と祝祭]
 人間の社会集団においては,その構造を基礎づける超越的な世界像を持つ場合がある。それが,社会によっては超自然的な神の世界だったり,あるいはまた聖なる歴史的過去であったりして一様ではない。…

※「祭儀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

祭儀の関連キーワードコマナ[カッパドキア]ディオニュソス止由気宮儀式帳ウプサラ学派モービンケルアベスター式年遷宮祭宮中祭祀ムーダン皇室祭祀植物崇拝トランス契約の箱仏教音楽アマソスデキウス三枝祭神嘗祭モレク元始祭

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

祭儀の関連情報