イトエダカビ(糸枝黴)(読み)イトエダカビ(英語表記)Chaetocladium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イトエダカビ(糸枝黴)
イトエダカビ
Chaetocladium

藻菌類ケカビ目に属する糸状菌で,通常他のケカビ目の菌またはケートミウム (ケタマカビ) に寄生する。菌糸は細くところどころに椀状の吸器があり,これで宿主に固着する。胞子は球形で2膜があり,胞子1個が1個の胞子嚢に相当すると考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android