吸器(読み)きゅうき(英語表記)haustorium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吸器
きゅうき
haustorium

寄生菌類の菌糸から栄養吸収の目的で,宿主の細胞内に突出している構造で,いぼ状のもの,円筒形のもの,線形のもの,樹枝状のものなどいろいろある。なお寄生性の高等植物が宿主体内に入れる根状の器官をいうこともある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

きゅうき【吸器】

寄生菌の菌糸が宿主の細胞内に侵入してつくる特殊な構造。円筒形・分枝形などで、養分吸収のためといわれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きゅう‐き キフ‥【吸器】

〘名〙 寄生植物の体の一部で、宿主から養分を吸収する部分。たとえば寄生菌の菌糸の先端にみられる肥大または枝分かれした部分など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android