コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イトグサ(糸草) イトグサPolysiphonia

1件 の用語解説(イトグサ(糸草)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イトグサ【イトグサ(糸草) Polysiphonia】

フジマツモ科の海産紅藻。1個の管状の中心細胞のまわりを,4個またはそれ以上の管状の周心細胞がとりかこみ,このようにしてできた節部が連結して糸状または円柱状の体をつくる。学名のpoly(多),siphon(管)はこのことに由来する。種類数が多く,日本沿岸だけでも30種以上の生育が知られる。体は叉(さ)状,または叉状様互生に分枝し,枝はさらに小枝を出し,体全体はふさ状になるものが多い。有性生殖は卵細胞と精子,無性生殖四分胞子による。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone