イトグサ(糸草)(読み)イトグサ(英語表記)Polysiphonia

世界大百科事典 第2版の解説

イトグサ【イトグサ(糸草) Polysiphonia】

フジマツモ科の海産紅藻。1個の管状の中心細胞のまわりを,4個またはそれ以上の管状の周心細胞がとりかこみ,このようにしてできた節部が連結して糸状または円柱状の体をつくる。学名のpoly(多),siphon(管)はこのことに由来する。種類数が多く,日本沿岸だけでも30種以上の生育が知られる。体は叉(さ)状,または叉状様互生に分枝し,枝はさらに小枝を出し,体全体はふさ状になるものが多い。有性生殖は卵細胞と精子,無性生殖は四分胞子による。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android