イドフ(英語表記)Idfu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イドフ
Idfu

エジプト南部,アスワン県の町。アスワンの北 96kmのナイル川西岸に位置し,古代にはアポロノポリス・マグナと呼ばれた。プトレマイオス朝に建造されたホルス (鷹の神) の神殿で有名。構造は長さ 138m,幅 76mの典型的なエジプト神殿で,前 237年建造開始された。市の北部と西部の墓地からは古王国のマスタバ墳墓や中王国の墓が多数発見され,古代都市の跡からは大量のオストラコンが発見された。現在は穀類,綿花,ナツメヤシの重要な集散地。製糖工業が盛ん。人口4万 5737 (1986推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android