コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イナバウアー ina bauer

デジタル大辞泉の解説

イナ‐バウアー(ina bauer)

フィギュアスケートの滑走法の一つ。足を前後に開き、前の足のひざを曲げた姿勢で、両足のつま先を外側に大きく開いて横に滑る。初めて演じた旧西ドイツの選手イナ=バウアーの名から。
[補説]2006年開催のトリノ冬季オリンピック女子フィギュアスケート金メダルを獲得した荒川静香選手の得意技だったことから話題となる。荒川選手の場合はこの走法中に上半身を反らすのが特徴。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

イナバウアー

フィギュアスケートの技術の一つで、両足のつま先を180度開いて前後にずらし、片方のひざを曲げて横に滑る。1950年代に活躍した旧西ドイツのイナ・バウアー選手が初めて披露し、その名が付いた。必ずしも、上体を大きく後ろに反らせる必要はない。

(2014-01-04 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

大辞林 第三版の解説

イナバウアー【Ina Bauer】

フィギュア-スケートの技の一。両足を前後に開き(前足の膝を曲げて後ろ足を伸ばし)、つま先を左右に開いた状態を維持しながら、一定時間だけ横移動するもの。ジャンプの繫つなぎなどに用いる。上半身を後ろに反らす技はレイバック-イナバウアーともよばれる。 〔技を行なった旧西ドイツの選手の名にちなむ〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

イナバウアーの関連キーワードレイバック

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イナバウアーの関連情報