コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イヌシダ(読み)いぬしだ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イヌシダ
いぬしだ / 犬歯朶
[学]Dennstaedtia hirsuta (Sw.) Mett.

イノモトソウ科のシダ。長毛のある根茎は細く、横にはい、軟毛のある葉を密生する。葉身は長さ10~25センチメートル、幅3~8センチメートルで草質。胞子嚢(ほうしのう)群は裂片の縁(へり)に近く、脈の先端につき、小形。夏緑性で、全国の山地の崖(がけ)に普通にみられる。[西田治文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のイヌシダの言及

【コバノイシカグマ】より

…東南アジアからインドにかけて広く分布している。近縁種にイヌシダがあり,石垣などに多い。イシカグマMicrolepia strigosa (Thunb.) Pr.は,胞子囊群が葉の裏面につき,包膜がコップ状にならない性質で別属とされている。…

※「イヌシダ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android