コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イヌシダ いぬしだ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イヌシダ
いぬしだ / 犬歯朶
[学]Dennstaedtia hirsuta (Sw.) Mett.

イノモトソウ科のシダ。長毛のある根茎は細く、横にはい、軟毛のある葉を密生する。葉身は長さ10~25センチメートル、幅3~8センチメートルで草質。胞子嚢(ほうしのう)群は裂片の縁(へり)に近く、脈の先端につき、小形。夏緑性で、全国の山地の崖(がけ)に普通にみられる。[西田治文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のイヌシダの言及

【コバノイシカグマ】より

…東南アジアからインドにかけて広く分布している。近縁種にイヌシダがあり,石垣などに多い。イシカグマMicrolepia strigosa (Thunb.) Pr.は,胞子囊群が葉の裏面につき,包膜がコップ状にならない性質で別属とされている。…

※「イヌシダ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イヌシダの関連キーワードコバノイシカグマイノモトソウ科

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android