コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イヌナンカクラン Tmesipteris

1件 の用語解説(イヌナンカクランの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イヌナンカクラン【Tmesipteris】

ヒカゲノカズラ科のナンカクランに外見が似ているところから和名がつけられたが,マツバランに近縁のシダ植物の属名で,日本には自生しない(イラスト)。マツバランと共に奇抜な形態は観賞に値するが,高温多湿の条件を要し,栽培はむずかしい。ヘゴの幹などに着生する。植物体は地下茎と地上茎に分かれ,地下茎は針金状で短くはい,枝分れをする。表面に仮根をつけるが,根はない。地上茎は地下茎から生じ,まれに二叉(にさ)に枝分れする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イヌナンカクランの関連キーワード日陰草美男葛水杉アメリカ凌霄花峠芝なんかくらん日陰の蔓山蔓山蔓蔭

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone