イヌナンカクラン(英語表記)Tmesipteris

世界大百科事典 第2版の解説

イヌナンカクラン【Tmesipteris】

ヒカゲノカズラ科のナンカクラン外見が似ているところから和名がつけられたが,マツバラン近縁シダ植物の属名で,日本には自生しない(イラスト)。マツバランと共に奇抜な形態観賞に値するが,高温多湿の条件を要し,栽培はむずかしい。ヘゴのなどに着生する。植物体は地下茎地上茎に分かれ,地下茎は針金状で短くはい,枝分れをする。表面に仮根をつけるが,根はない。地上茎は地下茎から生じ,まれに二叉(にさ)に枝分れする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android