イネキンウワバ(読み)いねきんうわば

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イネキンウワバ
いねきんうわば / 稲金上翅
[学]Plusia festucae

昆虫綱鱗翅(りんし)目ヤガ科に属するガ。本種を含むキンウワバ類は、前ばねに金属光沢をもつ金色や銀色の斑紋(はんもん)を備え、日本に約40種を産する。本種ははねの開張25~35ミリメートル。前ばねには大きい2個の銀白色紋がある。ユーラシア大陸に広く分布し、日本全土に産し、1年に2~3回発生する。本州以南で春に発生する個体はやや大きい。幼虫は水辺のイネ、ヒエ、アマ、ガマ、イグサなどにつくが、キャベツの加害例も知られる。しかし、害虫としてとくに注目されることは少ない。[杉 繁郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android