コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イネシンガレセンチュウ 稲芯枯線虫 white‐tip nematode of rice

世界大百科事典 第2版の解説

イネシンガレセンチュウ【稲芯枯線虫 white‐tip nematode of rice】

イネの重要有害センチュウ。アフェレンコイデス科のセンチュウ。雌雄同形で,体長0.7mm前後の糸状。乾燥種もみの中で4年以上生存し,播種(はしゆ)後泳ぎ出して幼苗の葉鞘(ようしよう)内側に侵入する。組織に侵入することなく生長点付近で外部寄生的に栄養を摂取し,増殖する。センチュウの寄生を受けたイネでは,とくに止葉(とめば)の先端部分が黄白色~灰白色となり,細くよじれて,しばしばブタの尾のように巻く。その他の葉の先端も黄色くなる場合が多く,これが夕方など薄暗い中で風にそよぐさまは,ちょうど葉に止まったホタルが揺れているように見えるところから〈ホタルいもち〉とも呼ばれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

イネシンガレセンチュウの関連キーワード斑点米イネ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android