コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イネシンガレセンチュウ 稲芯枯線虫 white‐tip nematode of rice

1件 の用語解説(イネシンガレセンチュウの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イネシンガレセンチュウ【稲芯枯線虫 white‐tip nematode of rice】

イネの重要有害センチュウ。アフェレンコイデス科のセンチュウ。雌雄同形で,体長0.7mm前後の糸状。乾燥種もみの中で4年以上生存し,播種(はしゆ)後泳ぎ出して幼苗の葉鞘(ようしよう)内側に侵入する。組織に侵入することなく生長点付近で外部寄生的に栄養を摂取し,増殖する。センチュウの寄生を受けたイネでは,とくに止葉(とめば)の先端部分が黄白色~灰白色となり,細くよじれて,しばしばブタの尾のように巻く。その他の葉の先端も黄色くなる場合が多く,これが夕方など薄暗い中で風にそよぐさまは,ちょうど葉に止まったホタルが揺れているように見えるところから〈ホタルいもち〉とも呼ばれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イネシンガレセンチュウの関連キーワードチェレンコフ放射フェレドキシンフェレットアノフェレスアフェアチェレンコフカウンターチェレンコフ計数管チェレンコフ光チェレンコフ効果都千中

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone